ゲームレビューまとめリンク集

年間まとめ記事

 

2016年(別サイト)

やってるゲーム
kitchen
人喰いの大鷲トリコ
inside
P5
GGXrd
スライドプリンセス
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
テイルズオブベルセリア


2017年(別サイト)

cuphead
Enter the gungeon 
Hollow knight
Rabi Ribi
Shantae: Half-Genie Hero
Stardew Valley
VA-11 Hall-A
Life is Strange
ニーアオートマタ
バイオ7
oneshot

tetogame.hatenablog.com

 

嘘つき姫と盲目王子
スプラトゥーン オクトパスエクスパンション
Hacknet
BLUE REVOLVER
Celeste
DDLC

 

tetogame.hatenablog.com

1.ゼノブレイド2
2.バイオre2
3.To the moon
4.隻狼-SEKIRO-
5.ルルアのアトリエ
6.baba is you
7.JUDGEEYES(キムタク)
8.The missing
9.ファイアーエムブレム 風花雪月
10.ori and the blind forest
11.LISA
12.FF14
13.ゼルダの伝説 夢をみる島
14.moon
15.ポケモン剣盾
16.大逆転裁判1・2

 

 

単品記事

Judge Eyes:死神の遺言

Show By Rock(ソシャゲ) 

Celeste(Chapter9について)

GRIS

Ori and the will of the wisp

The Last of Us Part 2

Outer Wilds

Outer Wilds(ネタバレあり版)

天穂のサクナヒメ

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその1)

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその2)

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその3)

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその4)

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその5)

ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団(プレイ記ネタバレありその6)

 

FFプレイ日記

 共鳴編零式感想

クラフターカンストまでの道のり

再生編零式感想(1~2層)

 

2021年1月~3月までに遊んだゲームまとめ

個別記事にしてなかったやつを中心に。
サボってスクショとか動画を用意していないので、出来ればsteamのトレーラーも見てください。

Maiden & Spell

インディーズ東方みたいな感じ。グラフィックも音楽もプレイ感も良かった。
激ムズスペカ収集モードがあったり弾幕STGに飢えてる人はマストかも。
一通りストーリークリアして高難易度はモチベが沸かず未プレイ。
Switch版も4/8に出るらしいのでよかったら。

GTFO

高難易度PvEレイドFPS
弾が少なく、自キャラも柔らかい状態でひたすらステルスキルしながら目的を遂行するゲーム。野良マッチングもできるけど基本は友達3人居ないと出来ない。
幸い誘われて同時期に購入できたので上から2つ目の難易度までクリアした。息を合わせてステルスキルした時や、入念な準備のもとにセキュリティエリアを突破した時の気持ちよさは素晴らしいものがあるが、やはり弾の少なさや死にやすさは窮屈さに直結するため、全クリするまでやったろ!みたいな感じにならず最近ご無沙汰気味。
人が集まればもう少しやりたい。高かったし。

Rabi-Ribi

なんかもう一度やりたくなって通常ルートプレイ。
やっぱりめちゃくちゃ面白いし、昔よりゲームがうまくなってるのでサクサククリアできてとてもよかった。
モチベが高まればDLCまでちゃんとやりたい。
大名作。

Understand

シンプルな"the witness"みたいなパズルゲーム。
指示されるのは『法則が何個あるか』だけで、平面図形に放り出される感覚がとても怖い。パズルこわい…
例えば法則が2個の場合、『〇から始まり』『△で終わる』だと思っていた法則が、最後のステージで△が消え〇しかなかったりする。その場合実は『図形で始まり』『図形で終わる』法則だったことが判明し、〇の上でダブルクリックするだけでクリアになる。こういったミスリード問題が多くて固定概念をぶっ壊される感覚が気持ちよかった。
また、それぞれのエリアの最後にはExステージとして応用問題があるのだが、それがかなりメタ的というかルールを逸脱していて面白いのでそれのためだけにやっても良いと思うほど。ネタバレは伏す…

The Messenger

途中までは100万点の横スクロールアクション
ただし途中からめちゃくちゃ残念ゲーになる。
途中までやってほしい。ドット綺麗音楽最高ギミック◎伏線回収有。

Voyage

横スクロール雰囲気ゲー
演出や描写はめちゃくちゃ凝ってるし音楽も牧歌的でリラックスできるけど、流石にゲーム性が単調すぎて途中から早く終わらないかなという気分になった。
バディを活かした謎解きとかがもっとあればよかったんだけど、そうではないので良雰囲気ゲー止まり。

Timelie

時間操作パズル。モブの動きや周期を最適化して進んでいく。
中盤からめちゃくちゃギリギリの奇跡みたいなタイミングを要求されるのが難しくとても爽快。これはかなり面白いゲーム。
グラフィックも好みだし、ネコチャンとちゃんとバディしてるしストーリーも気になるかなり面白いゲームだった。
失敗したときのリトライが早いというか、時間をそのまま巻き戻せるので暇な時間が無いのも好み。

Rhythm Doctor

神作リズムゲー、dance of fire and iceチームの新作。
1ボタンのみの操作性というのは今回も継続。ゲーム性に幅を持たせることが難しい代わりに、ビジュアルやグリッチ描写が凝りに凝りまくってる。
単調さが出ないように工夫されているが、めちゃくちゃ面白いアイディアだなと思うピークがエリア2くらいに来てしまうのがちょっと残念。2,3時間で全クリできてしまうので気軽だけど、もう少しボリュームがあってもいいと思う。
アーリーアクセスのゲームなのでボリュームアップと日本語ローカライズ対応に期待。

 

積みゲー

シロナガス島への帰還(腰据えてやりたい。今月中にやる)
アンリアルライフ(腰据えてやりたい2。3面くらいまではやった)
Buddy simulator 1984(ローカライズなし。英語力に限界を感じゆっくりやってる)
Dogworld(ローカライズなし2。強制フルスクリーンでalt + tabすると最小化されるのでDeepL先生を頼ることも難しい難易度。)

クロノトリガー 初見感想

steam版を一通りプレイ。サブイベは一通りこなして15~20時間ほどでクリア。

以下ネタバレあり。まだやってない人はやってみてもいいかも。

 

 

今やっても全然面白かった。

古いゲームだなあと思うところもあったけど、1995年のゲーム?マジ?というところが凄くたくさんあって、JRPGが一番栄えてた時代の上澄みみたいなゲームだと感じた。

1.ストーリー

SFをうまくJRPGに落とし込んでいるのが凄い。
同じ地形、同じマップでも時代によってがらりと変わる風景が素晴らしくて、新鮮さと伏線回収を両立させているのが面白かった。
使いまわしを感じるようなマップがほとんどなく、話もテンポが良いので一切飽きずにプレイすることができた。
喋らない主人公=プレイヤーがなりゆきのままに世界を救う所とか、ぶつかっただけの女王といい感じになるところとか、当時のテンプレにあたる部分は全部すっ飛ばして省略しているのが思い切っている反面、駆け足に感じる部分でもあった。要点だけを綺麗にまとめているのは素晴らしいと思う。

逃げた先が滅ぼる寸前の人類が身を寄せ合って崩壊を待つシェルターであったり、基本明るくギャグ調で進んでいくのにゾクッとする展開が挿入されるので緊張感があった。

キャラはカエルが一番好きだったけど、みんな個性的でよかった。
マールよりもルッカが好き。陰キャ眼鏡闇深負けヒロインは俺のツボ。
ロボ関連は現代でも通用するくらい面白い話だったし、魔王の正体のくだりは思わず声が出たし、エイラはえっちすぎる…
主人公が死ぬ展開には驚いたけど、正直あそこで死ぬ必要あったのか?という感じ
タンクして死ぬ展開でよかったんじゃないかなと思うんだけど、あの犬死があってこその最終決戦のリベンジなのかな。

一番面白かったのはサブイベントの回収をしていたとき。全体的にあっさり目なストーリーが深堀されていくのが気持ち良すぎた。

2.ゲーム要素

演出中、時間が止まるのはかなりダルかった。
特に単体魔法を覚えたタイミングでの演出はかなり冗長に感じて心が折れそうになった。
終盤はできることが増えるとはいえ、構成が主人公、マール、魔王(全体攻撃)もしくはカエル(Wケアルガ)だったので、マールがヘイストを撒いて強い魔法をパナすだけというかなり単調な戦い方をしてしまったのが良くなかった。
合体技をどうやって使うかというのが一つ大きなゲーム性になっていたので、それをスキップするような構成になってしまったのは若干後悔している。

ただし、強い装備を集めて自身が強くなって目に見えて火力が伸びていくというのは楽しかったし、ボス戦もただステータスが高いだけではなく、ギミックがちゃんとあったり道中の伏線を回収するような扱いをされていたので全体攻撃を覚えたタイミングあたりからは普通に面白かった。

全体的に簡単なバランスではあるし、終盤ラストエリクサーが8個も手に入るのでストレスが無さ過ぎた。全滅したのは数え切れるくらい。正直もう少し試行錯誤できたほうが好みではあった。

 

3.システムまわり

移植がかなりひどくてバグだらけだったけど、かなり大きなパッチが入って不具合は軒並み改善されたらしい。
普通にプレイする分にはフォントがダサいなくらいの感じで、高解像度モードにすると最近のエロRPGくらいの画質になって違和感なく楽しめた。

ただ何故かDiscordのGoLive機能を使うとDiscordごと落ちるというバグがあって、既プレイ者に見たいと言われたときにデスクトップキャプチャーでしか配信が出来ず、その場合音楽が配信に乗らなくて困った。とはいえ既プレイ者の脳内ではBGMが流れていたので問題ないらしいが。

 

4.まとめ

確かにこれは1995年にやっていたら人生が変わるほど面白いと思う。
大きなギミックはないが、とにかく丁寧で質の高い作品だと感じた。

特にドット絵や音楽は前評判通り非常に綺麗で美しくそれだけでずっと楽しめた。

まだやったことのない人に無理に進めるほど気に入ったわけではないが、太古の昔のゲームなのに今やっても面白いという時点で凄い。非常に有意義な15時間だった。

Everhood 感想

Steam:Everhood https://t.co/W2JRIOcgdg #gaming_news @steamより
噂のアンテっぽいゲーム発売したよ~

 

※はっきり言って自分とは波長の合わなかった作品なので、以下かなり悪口が多いです。このゲームが好きな人はお気をつけください。

 

座禅ゲーム。悟りを開きそうになるほど面白くない避けゲーをかなりの頻度でやらされるお使いゲー。宗教観強し。

Undertale好きなのが伝わってくるけど似てるのはフォントだけ。謎のセンスは感じるので変に似せない方が良かったと思う。どっちかというとゆめにっきとかoffに近い作品。

右キーを10分押し込み続けてもゴールにたどり着かないループマップがありフラグ回収はギブアップ。無意味な苦行させるのやめろや。
通常エンドまでプレイ済み。別エンドはガイドが出揃ってからでいいや...

 

以下弱ネタバレ

【ゲーム性】

リズムゲーみたいな画面してるけど、音に合わせてるのは敵が弾を出す時なのでこっちが避ける時は曲とチグハグ。
オブジェクトも統一性が無くて音に合って出たり出なかったり歯抜けたりで気持ち悪い。単純にゲームとして面白くない上に、曲も安いキーボードに入ってるB級デモ曲みたいなのが大半を締めるのでかなり苦痛。音ゲー期待して買うのは辞めた方がいい。
ただ凄い良い曲が数曲ある。花屋の曲と、メインテーマはこれだけでサントラ付き買ったの正解だと思えるほど良かった。
サイケデリックな演出はかなり良かったし敵の攻撃アクションも見応えある。凝ってるキャラと凝ってないキャラに差がありすぎ
る印象。

 

【探索】

マップはゆめにっきのように同じような風景が広がっていて飽きるし、壁に突っかかるとダッシュがいちいち解除されるのがイライラした。グラフィック凝ってるのか凝ってないのかわからんし、ほとんどの場面が冗長。
謎解き要素はほぼ無く、お使い1本道。

 

【ストーリー】

死生観が大きく関わる宗教的な話。死は救済という語り口は感情移入を大きく妨げられた。
特に大きな伏線回収は無く、電波展開が続くためかなり疲弊する。
極めつけは日本語ローカライズのお粗末さ。誤字脱字は当たり前、それどころかテストプレイすれば見つけられるはずの白紙、フォント変更用タグ混じり{red}、英語の平分などかなり頻繁に出現する。

ゲームつまんねえのにストーリーもめちゃくちゃなのはかなり擁護出来ない。

 

面白くないけどギリギリプレイできるボーダーを綱渡りで維持されてしまい、最後までプレイしてしまったのが悔しかった。面白くなりそうで最後まで面白くないまま終わる。
熱意は伝わってくるんだけど全体的に惜しいゲームでした。

別エンド見たら加筆予定。

 

【加筆1】

作品の随所に「サイケデリックによる悟り」というメタテーマがあり、これは僕の好きなジャンルなので少し深堀すると、LSDマジックマッシュルーム等の幻覚剤には死への恐怖を緩和させる効果があります。フラクタル模様の先に死を視覚し、トリップ者が共有する幻覚として、死の先にある物を知覚するからです。こういった幻覚剤による悟りはシャーマンのような文化がある場所の風俗学や論文によく登場します。このゲームでもそう言った描写が多数あり、実際にノーマルエンドでは「死をもって救いを与え救済し、自分もまた死後彼らと再会して和解する。」という結末となります。この一連の流れを自分はひとつの宗教観として理解しましたが、死生観という物は自分の中でもかなり深いところで譲れないものがあるため、多少の差異でも没入感を損なう物となってしまいました。宗教というテーマは好きだけど信仰している宗教が違うという感じです。(念を押しておきますが自分は無神論者で危ない信仰があるわけではありません)

日本人は無宗教の人が多く、輪廻転生に懐疑的な人は居ても、「死は救いである」とこうも断定されてしまうとちょっと引いてしまう人が大半なんじゃないかと思うので、そういう意味でもおすすめは出来ない作品となっている。

上記のような点がカッチリハマる人にとっては非常に新鮮で素晴らしいゲームになるかもしれません。

 

そのためには今の日本語ローカライズでは不十分であり、無意味な(冗長であるだけの)シーンや長いロードなど、作品の基礎となる部分の作り込みを改善することは必要最低限だと思います。

また、これはかなり頭に来た話で個人間のDMを晒すのはマナー違反と知りつつぶちまけるのですが、公式ツイッターアカウントから、このような傲慢で誠実さが無いDMを送る暇があるのであれば、1度でもご自分でプレイされてはいかがだろうかと思います。


f:id:negisenseikamo:20210307040834j:image

ちなみにこの後既読スルーされました。なんだかなあ。

(楽しくない話で申し訳ありませんでした)

ポエム 僕と初めてのパチスロ

パチスロは憧れであった

大好きなメダルゲームコーナーでいつも大量のメダルを吐き出していた。

ホォ~アタッ!アタッ!ホワッタァ!玉が重ならないように5つ並べるゲームを揺らしてコソコソと稼いでいる間にパチスロ台はどんどんと払い出されていく。瞬く間に千枚超えだ。

志村けんやマリオのジャックポットでも最高200枚。1000枚もあったらずっと遊んでいられる自信があった。

ただしパチスロは100円15クレジットの当時そんな気軽に遊べるゲームではなかった。祖母からもらった300円の小遣いでは3分で溶ける。指をくわえて見ているしか出来なかった。

 

そんな記憶を持ったまま自分はバイト先の仲が良かった先輩からパチスロに誘われた。このなけなしの給料6万を倍にするんじゃ!と息巻く先輩は、自転車の後ろに僕を乗せて近所の寂れたパチ屋に向かう。足取りは軽く、カゴに入れたガラケーから着うたでRADを流し、鼻歌を歌っている。

店に入る。店員と目が会いお互いパチスロの話で意気投合しているあたり、恐らくこの店の常連なのであろう。「この台がいつも俺が座っとる台じゃ!昨日は1万吸い込んだからな、今日は返してもらわんと」と誰もいない店内でピエロが書いてある1台を選び、1000円札を貸し機に突っ込む。

その手馴れた手つきを見て僕はかっこいいと思った。憧れであった知らない世界を教えてくれる先生に僕は続いた。1000円を入れて、3枚メダルを入れる。先輩のようにダラララララと連続挿入しようとして床にメダルをぶちまけたりしながら、テッテケテッテッテと軽快な音でリールが回り始める。ぶどうが揃って4枚増えた。嬉しい。サイが揃うともう一度遊べるのか。

全てが新鮮で楽しく、集中している横で先輩が台下のピエロの絵を殴り始める。そうすると当たりやすいらしい。僕も真似する。

ドカドカと台を殴る音を響かせているうちに、先輩の台がけたたましいファンファーレと共に光り出す。すごい音だ。先輩がまた台を殴る。「バケはいらんっちゃ」笑顔で怒っている。

全てが新鮮で楽しかった。流石に3000円ほど使うあたりであまりにもお金の無くなるスピードが早いことに気づいて少しづつ遊ぶようにした。

先輩は隣の台にもメダルを入れ、両手で打ち始めた。先輩は好調のようで箱がメダルでいっぱいになっていた。

「ノスちゃん!こっちすわらいん!入ったからやるわ!」ボーナスの告知ランプが光っている台を僕にくれた。先輩が7を揃えてくれて、どんどんメダルが吐き出される。爆音で流れる下品な曲に晒されていると、えも知れぬ未知の多幸感があった。

「負け分取り返すくらいにはなったやろ。今日は帰るか」と、仲の良い店員さん(といっても店にはこの人しかいない)を呼び、メダルをレシートに替えてもらう。そのレシートが謎の文鎮になり、最終的に5000円札になった。

先輩は2万円ほど勝ったようだ。

僕と先輩はバイト先のコンビニに戻り、レジで自慢する。超楽しかったッスと言う僕を見て、別の先輩が「悪い遊び教わったなあ」と苦笑いしていた。

 

その先輩と同じシフトに入る日は、ほぼ必ずパチスロを打った。買ったり負けたり、ジヤグラーしか打たなかったので6000円ほど負けたらしょんぼりと撤退していたし、1000円でも2000円でも浮いたらラッキーと換金して、余り玉のお菓子を妹に上げていた。

 

ある日先輩の機嫌がかなり悪く、自分が凄く(と言っても500枚くらいだったが)出てしまった日があった。先輩は粘ると言って辞めようとしないので、箱を持って店内をウロウロしていた。そこでひとつの台を見つける。


f:id:negisenseikamo:20210213063224j:image

南国育ちR2という台で、少し前にとても人気のあった台のリメイク機だ。

オシャレな怪しさに魅了され、台に座り遊び始める。すぐにキュイン!と大きく軽快な音と共に筐体上部のパトランプが光る。店員さんに7を揃えてもらうと、かっこいいサウンドが店内に響いた。すぐさま先輩がやってくる(客は僕ら2人だけなので)。「あちゃーノスちゃん、光り物に手を出したか」と先輩が苦笑する。

その時は意味がわからなかったが(というか、ジャグラーも光り物じゃん)、実はこの台は先程まで打っていた糞ピエロと比較すると、とんでもなく荒く、基本的に初期投資が必要な台であった。そんなことは知る由もない自分はビギナーズラックで勝ち取ったボーナスを消化する。ピエロは15枚なのに、この台は9枚しかもらえない。ピエロの方がいいなと考えていると、左にある蝶々のランプがシャララララ~と音を立てて飛翔した。後ろでは先輩が自分の事のように喜んでいる。

台の指示通りに打っていると、スピードは遅いがどんどんメダルが増えていく。連チャン継続か否かを左右する蝶々が飛ぶ度に、ピエロとは違う多幸感があった。

 

先輩は頑張ってな!と言い残して先に帰った。軍資金が尽きたようだ。

結局2000枚ほどでてしまい、バイト代1ヶ月分を数時間で稼いでしまった。とても嬉しかったが、(もちろんそのお金は数日で蝶々の養分になるのだが)その日、初めて先輩と別々にパチ屋を出た事に気づいた。

 

それ以来、ピエロに興味が無くなった自分は南国育ちやパチンコの牙狼に夢中となり、先輩とパチ屋に行くこと自体が減った。といっても疎遠になったわけではなく、麻雀やカラオケに良く誘ってくれてとても楽しく大好きな先輩だった事は変わらない。

今考えると素行が良いとは言えないが、後輩に優しい田舎のヤンキーの後輩というのは、なかなか楽しいものであると知っている自分に若干の優越感を感じている。

 

3年後、先輩はトビ職見習として頑張っていたが、仕事中に労災で亡くなったらしいということを人づてに聞いて驚いた。働いていたコンビニは震災の津波で無くなっていて確かめようが無かったし、学校の友人への話題に出すような話ではなかったので、1人でよくわからない感情を噛み締めていた。その日は先輩の好きだったローソンのピザまんを食べた。

 

今月、南国育ちの新作が出た。最近パチスロも疎遠になっていたけど、これだけは打ちたくて一時間かけて導入店にいった。昔ほどの面白さ新鮮さは無かったけど、蝶が飛んだ嬉しさはあの時とおなじで、先輩のことを思い出した。

先輩のせいで覚えた悪い遊びで、悪い友達が増えましたよ。あの時はありがとうございました。

帰りにピザまんを買って帰ってきた。

2021年1月、パチスロはまた死んだ

2021年、パチスロがまた死んだ。

パチスロは一度死んでいる。
”超やりすぎ”な時代に盛大に怒られ、”5号機”という死体となった。

それが、いつのまにかメーカーによる規制の穴をつく起死回生の救命措置により蘇った。そして、またいつしかの”やりすぎ”なギャンブル性を取り戻しつつあったのだ。ただし、それはまたしても怒られた。

“ やりすぎ”による怒られ規制がいつのまにかオリンピック、国営カジノ建設のための規制にとってかわり、ついに「極刑」に値する規制が令和に施行され、パチスロは死んだ。

今日はパチスロがどのような拷問を受けて緩慢に殺されて来たのか、これをゆっくりと語りたいと思う。

続きを読む

2021年にやったゲーム感想

(タイトルが未来人になっていたので後でこっそり修正します)
今年もゲームばかりしてました。

 

やったゲーム一覧
太字のやつだけ詳しく書きます!是非買ってプレイしてほしい神ゲーばかりです。
ここで書かないゲームも語れるので気軽にリプライください。

Steam

・Orangeblood
・Noita
・Minoria
・AimLab
・RainWorld
・Return of the Obra Din
・Slay the Spire
・Left 4 Dead2 
・One Step From Eden
Street Fighter V
・ITTA
・GRIS
・Shantae and the Seven Sirens
・Monaco
Ori and the Will of the Wisps
Helltaker
・Terraria
Jump King
・Old School Musical
・Little Witch Nobeta(beta)
Rez Infinite
・Last Labyrinth
・Gorogoa
・ABZU
・Golf if
・The Hex
・INMOST
BPM:BULLETS PER MINUTE
・終わる世界とキミとぼく
・Fall Guys: Ultimate Knockout
Pogostuck
PUSS
・Human: Fall Flat
・Among Us
・Just Shapes & Beats
A Dance of Fire and Ice
・MO:Astray
・Brothers - A Tale of Two Sons
Outer Wilds

その他コンシューマー等(単独記事に誘導)

・十三機兵防衛圏(めちゃくちゃ面白かった)
龍が如く7(ストーリーがあんまり好みではなかった)
Last of Us 2
(個人的には神ゲーだけど人に勧めづらい)
・Ghost of tsusima(移動と戦闘がダルくてつらかった)
天稲のサクナヒメ
神ゲー。おひいさまがかわいい)
ガレリアの地下迷宮と魔女の旅団
(ストーリーだけなら神ゲー。発売してくれた事に感謝)

 

 Ori and the Will of the Wisps

store.steampowered.com

Oriっていう精霊みたいなのが主人公で友達とか家族とか自然を守るため冒険する横スクロールアクションゲーの続編。Ori2って記載されることもよくある。
前作もめちゃくちゃ面白いのでそっちから先にやると尚いいけど2から遊んでも大丈夫。
とにかく綺麗すぎるグラフィックと、それを贅沢に使った爽快アクションが魅力。

f:id:negisenseikamo:20201231121344j:plain

これはスチルとかではなく、プレイ中の画面。恐ろしい~

あと音楽が生演奏主体で凄く凄い。ヤバい

www.youtube.com

オフィシャルがサントラ全部youtubeで視聴できるようにしているので興味があったら曲だけでも聴いてみてほしい。今聴きながらこれを書いています。

プレイ時間は面白そうなサブイベントまでやって11時間
プレイ中永久に楽しい。それがOri2

 

Helltaker

store.steampowered.com

ツイッターの性癖がちょっとヤバい人たちに見つかってしまって大バズりしてしまった無料神ゲー
通しでプレイしても30分しかかからないしアスモディウスとケルベロスがかわいいからすぐやりましょう。

f:id:negisenseikamo:20201231124310j:plain



パズル中楽曲のキャッチーさによってsteamアワード音楽部門もぎ取りそうなのが個人的には嬉しい。
たまに聞きたくなるよね

www.youtube.com

 

Jump King

地獄

 

 

Rez Infinite

store.steampowered.com

PS1のシューティングゲームがSteamVRに輸入されただけなんですけど、
この光の奔流をVRで一身に受け止めると、脳汁がブワァー!!ヴァアアー!!って出る!ってどっかのバカが言い出して小バズり。そんなわけねえだろ~って俺もやってみたら、ゲーミング光が全身を嫌というほど貫いてトリップ。ブワァー!!!ってなったのでおすすめです。

f:id:negisenseikamo:20201231124338j:plain



VR機器無いとできないしセール中でも微妙に高いけど、気分転換に最適なゲームなので最近oculus買った人に勧めています。

Pogostuck

store.steampowered.com

地獄

 

PUSS

store.steampowered.com

頑張って言語化すると、ガンギマリネコチャンイライラ棒ゲームです。
よくわからなかった人はsteamリンクで一番最初に出てくるPV見てみてください。
ちなみにこのPV、クリスマスセールに合わせてアップデートされた出来立てほやほやPVです。スタイリッシュに更にキマっててウケる。

f:id:negisenseikamo:20201231131548j:plain

グリッジ(横に入るドット欠けやノイズ等のバグ的表現)とヴェイパーウェーブ(90年代の激安CGにピンクを基調とした配色のどこか懐かしく怖い表現)を多用しすぎた見る電子ドラッグ的作品。
ゲーム性も単なるイライラ棒なんだけど、ボス戦がかなり難しいので、そこまでにライフをたくさん残すために通常面の練習をしたりなんだかんだで楽しい。演出がいちいちバカっぽくてウケる。

セール中300円くらいのゲームにしては、かなり面白いし楽しかったなという印象。コスパ

 

 A Dance of Fire and Ice

store.steampowered.com

 

絶対やってほしい!!マジで!!!こんな面白い音ゲー知らなかった!!!
セール中434円なので絶対買って…
実際にプレイしているところを録画したのでこれを見てください。

 

 


玉が次の譜面を通った時に何かしらのボタンを押せばOKというゲームです。

直線は4分音符、90度の曲がり角は遅い裏打ちと早い裏打ちになっているんですね。
各ステージごとに新しい種類の譜面はチュートリアルが入るので初見殺しではないゲームですが、”音ゲー+ダークソウル”と表現されるように、1ミスで即死なのでクリアするのはなかなか大変かつ、クリアできた時の感動がすごい。

 


レベルデザインも秀逸で、これは6面だけどこの辺からだんだん難しくなっていく。でも一回苦労してクリアすると2回目からはすんなりクリアできてしまうというのもダークソウル的成長があっていいなあと思った。
今年のゲームではないけど超おすすめ。

 

Outer Wilds

store.steampowered.com

 

個人的今年のゲームオブザイヤーはこのゲーム。
ループものなんだけど、何故ループするのかもわからない。1プレイ22分の間に宇宙の真理を少しずつ集めて行って、この宇宙の真相、人類の謎、ループの理由を解き明かしていき、感動のエンディングを迎える。
このゲームは主人公が2段ジャンプを使えるようになったり、攻撃できるようになったりと言った成長は一切無い。プレイヤーが知識を得ていくことのみでクリアに近づいていく。自分の脳内にクリアするためのフラグが出来上がっていくのが新感覚で夢中でプレイしました。

最初の2時間くらいは操作性悪いし何したらいいかわからないし…となかなか面白さがわからないかもしれないけど、1回目のひらめきからアイディアが津波になって押し寄せてきて、何したらいいかわからんということは無くなるので頑張ってそこまでプレイしてほしい…
だんだん日本でも認知されてきた(主にねとらぼの副編集長のおかげで)と思うんだけど、この神ゲーがもっともっと流行ってほしいなと思っています。

 

終わりに

年末にゲームの悪口書くの嫌だったので凄く好きなゲームばかり感想を書きましたが、今年はインディーズもコンシューマーも豊作だったと思います。サクナとかいう豊穣神神のおかげかな。

まだまだやれていないゲームがたくさんあって、アンリアルライフとかシロナガス島への帰還とかは年始にやれたらいいなあと考えています。皆さんはどんなゲームをやりますか?

来年はやるだけじゃなく制作も頑張ろうと思っていますので、その時は何卒よろしくお願いします!

よいお年を